消費者金融で限度額いっぱいまで借りても大丈夫? - アコム、借り方のコツ / 本人確認の方法

消費者金融で限度額いっぱいまで借りても大丈夫?

 

消費者金融で限度額が高く設定されても、借主の年収によってはそもそも限度額まで借りることができない場合があります。

 

その理由が、総量規制すなわち貸金業法の過剰貸し付け禁止規定です。

 

同法13条の2第2項によると、貸金業者が個人に貸付を行う場合に、原則として借主の総借入額が年収の3分の1を超えて貸付を行ってはいけません。

 

したがって、たとえば年収900万円の借主に、消費者金融が400万円の限度額を設定したとしても、900万円の3分の1である300万円を超えて貸付を行うことはできないのです。

 

このことは、他の消費者金融と並行して融資を受けた場合でも同様です。

 

そうすると、消費者金融で限度額いっぱいまで借りたとすると、貸金業法の総量規制の上限に近付いてしまい、それ以上融資を受けられなくなってしまうおそれがあるので注意が必要です。

 

この点、銀行や信用金庫は「貸金業者」(同法2条2項、13条の2参照)に含まれないため、消費者金融での融資額が総量規制額に達しても、銀行等での融資は受けられます。

 

もっとも、消費者金融での融資の事実があると、審査基準が厳しい銀行等での融資はあまり期待できません。

 

また、たとえ総量規制にひっかからないとしても、融資が必要なときというのは、何かと必要なお金の額が変動するものです。

 

限度額いっぱいまで借りて、それ以上借りることができない状況にしてしまうと、いざさらに資金が必要になった際、融資をうけることができなくなってしまい、あっという間にお金が回らなくなってしまうので注意が必要です。