消費者金融の審査が通らないケース - アコム、借り方のコツ / 本人確認の方法

消費者金融の審査が通らないケース

 

消費者金融から融資を受ける際、審査を受けなければいけません。

 

この審査が通るか通らないかを知るには、消費者金融が借主のどのような点に着目して融資の可否を決定するのかを知る必要があります。

 

まず、消費者金融は借主の勤務先の企業の信用性を考慮します。

 

大手の信用できる企業に勤めている場合、勤務先の倒産等により借主が突然無収入になってしまうような事態は考えにくいので、貸し倒れのリスクが小さい借主といえます。

 

一方、いつ倒産してもおかしくないような借主に融資を行うことは、貸し倒れのリスクが大きく、消費者金融としては融資に対して消極的にならざるをえません。

 

次に、消費者金融は、借主が準備できる担保に着目します。

 

すなわち、抵当権を設定できるような不動産を持っていないか、譲渡担保契約の目的物になるような自動車等の高価な動産を持っていないか、両親など保証人になってくれるような人物がいないかを調査するのです。

 

これらの担保を設定しておけば、いざ借主が無資力となったときに、他の債権者に優先して貸付債権を回収することができ、貸し倒れを回避できるからです。

 

次に、消費者金融は、借主の借り入れ履歴について調査を行います。

 

過去の借り入れで借主が返済を遅滞しているような場合、融資について誠実でない借主であるとの評価を受け、金融機関はそのような借主に対する融資を控えたがるものです。

 

また、借主が他の金融機関から既に融資を受けている場合、その借主には競合する債権者が多いということになり、借主が無資力となった際、貸付債権を回収しづらくなってしまいます。

 

金融業者としては、このような借主に対しても、融資を行うのは控えたがるものです。

 

これらの観点に照らして、消費者金融が貸し倒れのリスクの高い借主と評価すれば、審査は通らないでしょう。